肉割れのケア

妊娠によってできた肉割れのケア方法について

妊娠によってできた肉割れのケア方法は、とにかくしっかり保湿することです。皮膚が乾燥しやすい人は妊娠線が出やすいからです。肉割れは乾燥が大敵と言われているので、妊娠線予防のクリームで保湿をしっかりしてやることです。妊娠線クリームでケアすれば、次第に肉割れは解消されます。ただ、なるべく早めにケアを始めるよう心掛けないといけません。肉割れには、妊娠線ケア用クリームが有効ですが、酷くなると治すのに時間がかかります。そのため、妊娠で肉割れが気になるなら、普段からお尻や太ももを乾燥させないよう、お風呂上りにクリームで保湿しておくことです。保湿クリームを使い、肉割れができた場所を中心に毎日マッサージすると効果的です。手のひらに10円玉ほどの大きさにクリームを取り、力を入れすぎないよう、優しく持ち上げる感じでマッサージしていくと有効です。その時、お腹だけでなく、お尻や太ももにマッサージするとよいです。妊娠中はボディチェックがしにくいので、お腹が大きくなる前に肉割れができそうな場所にクリームマッサージしておくと、肉割れを予防することができます。

 

お腹の妊娠線を予防する方法

妊娠線を完全に元に戻すということは難しくなりますが、目立たなくするためにおススメの治療方法に、レーザー治療があります。このレーザー治療は、治療という名前がついていますが、保険適用にならない自由診療になりますので、基本的には安いとはいいがたい価格で治療を受けることになります。美容皮膚科や美容外科などでこのレーザー治療を受けることが出来ますが、妊娠線のレーザー治療に掛かる費用の相場と言われているのは、大よそ20万円〜と言われています。ただ、妊娠線自体がどの程度深刻なのか、範囲がどの程度あるのか。などによってはかなり金額は変わってきます。レーザー治療は自由診療になっていますから、それぞれの病院によってもかなり価格に幅が出てきています。実際に妊娠線が出来やすい下腹部全体のレーザー治療を行おうと思えば、一回6万円程度かかるという病院もありますし、手のひらサイズの部分にレーザー治療を行うということであれば、1回目は体験価格の1万円、2回目以降は約3万円という価格になるという病院もあります。レーザー治療は一回だけで効果が出るということはないので、やはり複数回行えば、20万円程度はかかるということになるんですよね。

 

大人アトピーになる原因

続きを読む≫ 2016/01/22 13:36:22

アトピーの原因は、多岐に渡ります。代表的なのが、ダニやカビなどのアレルゲンです。ハウスダストやダニ、カビなどは、アトピーのかゆみの原因になります。食べ物も原因になります。食べ物によるアレルギー反応は少ないのですが、子供の場合、そうはいきません。幼児は消化器の機能が未熟なので、アレルゲンとなる物質に反応しやすい性質があります。卵、乳製品、大豆製品、米、麦などは特に注意が必要です。刺激物も原因の一つで、症状が悪化する要因になります。アトピーの人はバリア機能が低下しているので、石鹸、洗剤、化粧品などは、アトピー悪化の要因になります。ストレスや疲労などもアトピーの原因になるので注意が必要です。アトピーの症状悪化を抑えるには、どのようにケアすればいいかというと、ストレスを避けるようにして、規則正しい生活とバランスのとれた食事をすることです。そして汗などはなるべく早く洗い流すようにし、家の掃除を徹底してダニを減らすことです。症状悪化を抑えるには皮膚に対するケアも大事なので、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬で痒みを抑えるようにします。

 

小児アトピーとは

続きを読む≫ 2016/01/22 13:34:22